角印


角印は、主に「会社の認め印」として領収証・請求書・納品書・見積書・契約書などに押印されます。
会社の角印の場合は社名+印(之印)などの文字で彫刻します。
その他、弁護士さんや税理士さんの職印、町会や団体などの会長印、神社などの御朱印、書画の落款印、などにも使われます。




素材の例・薩摩本柘



最も加工しやすくお手頃価格でご用意できます。
お仕事でお使いになられる場合は、より丈夫な黒水牛やチタンなどをオススメします
サイズの大きなものは象牙や黒水牛では作製出来ないので、柘か金属製になります。



会社の角印





社名+印(之印)などの文字で彫刻します。サイズは21mm角や24mm角が一般的です。
より丈夫な黒水牛やチタンなどをオススメします。
職人文字・黒水牛・21mm角・64,800円
パソコン文字・黒水牛・21mm角・27,000円
パソコン文字・薩摩本柘・21mm角・16,200円



職印



職名と個人名で彫刻します。サイズは18mm角が一般的です。
黒水牛やチタンの職人文字をオススメします。



町会長印



町会名+長之印などの文字で彫刻します。サイズは18mm角が一般的です。
町会の会計口座用の印鑑として使われることも多い印鑑です。



落款印





朱文と白文があり、一般的に雅号が朱文・本名が白文になります。
サイズは文字数や捺印する紙のサイズで9mm角から30mm角など様々です。



御朱印



一般的に朱文が多く、デザインされた物も多くなっています。
サイズは60mm角が多く、柘やゴム印で作製されることが多い印です。



お問合せ・ご注文は

ご来店頂くか、







トップページへ戻ります